敏感肌・アトピーのための化粧品レビューサイト

SUHADA

アトピーによる色素沈着を一刻も早く消す方法!

更新日:

アトピー経験者なら必ず悩んだことがあるのが黒ずみ(色素沈着)だと思います。

私も20代の時にまだらにある黒ずみには悩まされました。

一般的にアトピーの人の症状がひどい関節はもちろんのこと、足も部分的に乾燥しアトピーが悪化していた為、ぽつぽつとまだらに黒ずみがでている状態でした。

女性ならスカートを履くと足が露出しますし、恥ずかしいですよね。

そんな色素沈着の事を詳しく調べてみました。




シミと色素沈着の違いはこれだった!

よく聞くシミと色素沈着の違い、わかりますか?

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれていて、表皮のなかの一番下の層である基底層と呼ばれる部分にメラニン色素が増加した状態を色素沈着といいます。

ぱっと見その部分だけが周りの皮膚よりも濃い色をしています。

メラニン色素は肌が紫外線や炎症によってダメージを受けると活発に生成されます。

境界線がはっきりしたものをシミといい、境界線があいまいなものを色素沈着といいます。

気づいたらできているシミや色素沈着。

アトピー肌だけではなく、健康な肌の方にもシミや色素沈着はあります。

とれないシミや黒ずみの原因

通常、皮膚は表皮の基底細胞で作られ、古くなった表面の皮膚が剥がれ落ちることによってどんどん下の新しい層の皮膚と入れ替わっています。

この生まれ変わりのサイクルの事を「ターンオーバー」といいます。

このターンオーバーによって夏に日焼けした皮膚も冬になったら白く生まれ変わっているのです。

ところが、アトピー性皮膚炎による色素沈着は時間がたってもなかなか消えてくれません。

どうしていつまでも消えずに残ってしまうのでしょうか?

それは、強い炎症などの異常があると通常は表皮にだけ取り込まれるメラニン色素が、真皮側にも取り込まれてしまうからです。

大変やっかいなことに、真皮細胞はなかなかターンオーバーをしないのでメラニン色素を取り込んだ真皮がいつまでも入れ替わることはなく、シミや色素沈着となって残り続けます。

そうなる前にもターンオーバーを正常化させる必要があります。

シミや色素沈着は表皮と真皮のターンオーバーに原因があった

ターンオーバーは皮膚の中でも部位によって入れ替わりの期間が違っています。

表皮・・・・28日
真皮・・・・5〜6年

真皮にまでメラニン色素が落ちてしまうとなんと5〜6年も残り続けるんです。

その間に新しい炎症部分ができてしまうと、部分的に時期をずらしながらいつまでも色素沈着がのこってしまうことになります。

皮膚のターンオーバーを正常化させる方法

真皮まで落ちると長く残ってしまう色素沈着。

皮膚のターンオーバーを正常化させて新しい綺麗な皮膚に生まれかわらせる必要があります。

そこでターンオーバーを正常化させる方法を調べてみました。

1.質の良い睡眠をとる

ターンオーバーにおいて重要な役割を担っているものが「成長ホルモン」です。

この成長ホルモンが脳から分泌されることによりターンオーバーがおきています。

様々な研究の結果、成長ホルモンは主に寝ている間に分泌される事がわかっています。

熟睡できなかったり、睡眠不足になるとこの成長ホルモンの分泌量が減り、ターンオーバーにも遅れが生じます。

よくあるゴールデンタイムといわれる夜10時〜2時の間の睡眠しないと成長ホルモンがでないかというとそうではありません。

重要なのは深い眠りにあります。

成長ホルモンは眠り初めてから3時間の間の深い眠りの時にたくさん作り出される事が最近の研究でわかりました。

ただ睡眠をとればいいというわけではなく、眠り始めてから最初の3時間は熟睡できるような生活パターンを身につけることが大切です。

2.ストレスをためない

ストレスが溜まりすぎると血行が悪くなり、新陳代謝が乱れることによってターンオーバーが遅くなってしまいます。

睡眠の質も下げることによって成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼします。

全くストレスのない生活を送ることはなかなかむずかしいので、自分なりにストレスを解消してリラックスした生活をおくりましょう。

3.喫煙と飲酒は控える

タバコに含まれるタールやニコチンは血液をドロドロにし、体内の酸化を早めてしまう活性酸素を作り出してしまいます。

そして体の中でタバコの成分を分解するのに大量なビタミンCを使用するので、慢性的なビタミン不足になります。

肌に悪いだけではなく、さまざまな病気の原因となっているのでこの際禁煙に取り組みましょう。

お酒を飲むと血管が収縮し、血行不良による冷えを招いてしまいます。

肝臓が疲れてしまい、活性酸素が作られたりとお肌にとってよくない事が起こります。

また、睡眠の質も悪くなるので飲酒もなるべく控える事をおすすめします。

4.バランスのとれた食生活をこころがける

ターンオーバーを正常化させるには、必要な栄養素を一緒にとりいれることも大切です。

《肌のターンオーバーを促す食べ物》

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • セラミド

健康にも肌にもいいのでバランスのいい食生活をこころがけることが大切です。

5.適度な運動をする

表皮のターンオーバーの話をしましたが、28日というのは健康な20代の場合。

年齢と共に代謝が悪くなり、肌のターンオーバーも遅くなっていきます。40代になるとこの周期が1ヶ月半くらい遅くなります。

適度な運動は、このターンオーバーのサイクルを促進させてくれます。

運動をすることによって血流がよくなり、栄養が隅々までいきわたるようになります。

成長ホルモンが出るのは睡眠時だけではなく、適度な運動をすることでも分泌されています。

6.間違ったスキンケアをしない

ターンオーバーを気にして間違ったケアをする事があります。

よくあるのが「ピーリング」

やりはじめは一時的にきれいな肌になっているような感じがしますがそうではありません。

無理やり皮膚を削ぎ落とすことによって、まだ未熟な皮膚がむき出しとなりより敏感肌を促進させてしまいます。

とくにアトピーでもともと弱っていた肌にピーリングを行うと、作りかけの新しい肌が何枚も剥がれ落ちてしまって水分を保持することができなくなってしまいます。

それを繰り返す事でアトピーの悪化のサイクルから逃れる事ができなくなります。

ピーリングだけは絶対にやめましょう。

アトピー肌がやるべき基本のお手入れ

黒ずみの原因やサイクルを知る事ができました。

アトピー肌にはまずやるべきお手入れ方法があります。

まずはかゆみなどがある炎症を取り除くということ。

一時的にステロイド剤や抗ヒスタミン薬などの飲み薬を上手に用いてひどい炎症部分などを取り除きましょう。

一時的に使う分には薬に依存したり、重度の副作用がでたりということはありません。

私は飲み薬と最強レベルのステロイド剤を使っていましたがそれでも回数を徐々に減らしてなくすことができました。

炎症部分にはどんなスキンケアも刺激となってしまいます。

まずは炎症を取り除き、カサカサしているレベルだと大丈夫なので他の保湿方法に切り替え、薬を塗る回数を減らしていきながら寛解へともっていく必要があります。

少しカサカサしているというレベルのものでも内部は完全に治ってはいません。

肌にやさしい人型セラミドなどが含まれた高保湿化粧品で症状が落ち着くように保湿ケアを行うのもおすすめですが、中でもディセンシアの「サエル」は今ある炎症をも抑えてくれる成分が含まれています。

炎症を抑えながら美白にも効果があるのでまずはサエルから始めることをおすすめします。

特に気になる首の色素沈着を治す方法

メイクをする時に顔と首の色の差がはげしくてファンデーション選びに困った経験があります。

今まで首には薬しかつけたことがなく、お手入れをしないで過ごしてきました。

首を保湿することも忘れていて、気づいたら夜中に掻きむしっていてすでに色素沈着状態。

そこで、一旦薬で炎症とかゆみがなくなった時に首のケアを始めてみました。

もちろん使うのは顔と一緒のスキンケアだけ。

アトピーにも使える美白成分が入ったスキンケアを使い続けているうちに黒ずみが取れてきたんです。

ファンデーションは首との差がありすぎるとおかしいので暗めの色をすすめられていましたが、首の色が明るくなったおかげでワントーン明るい色に変更することができました。

首のお手入れは忘れがちですが顔と同じように入念にお手入れすることをオススメします。

バイオイルを使うと色素沈着が消えるってホント?

結論から言うと、私の30年間分の色素沈着が消えることはありませんでした

ネットで話題になっていたバイオイルを使ってみたのですが、半年使った結果薄くなることはありませんでした

ニキビ跡は1か月くらいすると消えましたが、やはりアトピー特有の色素沈着には難しいようです。

美容成分がどうなのか調べてみると、美白化粧品のようにアプローチしてくれる成分ではなく、あくまで肌のターンオーバーを促し、正常化することでメラニン色素を排出するといった効果のようです

上記にもあるように、表皮の色素沈着なら効果はあると思いますが、アトピー性皮膚炎は真皮にまで達してしまっている根深い色素沈着なんです。

なので半年使っても効果が見られなかったんだと思います。

数年使うと薄くなるかもしれませんが、早く効果が出てほしいのでわたしは使用するのを辞めました。

なかなか聞けないデリケートゾーンの黒ずみ対策

アトピーがひどい方はみなさん経験があるかとおもいますが、アトピーは関節部分には全て症状がでてしまいます。

ちょっと皮膚科でもなかなかいえないのがわきや股、おしりの色素沈着。

女性なら生理周期で敏感になり、ナプキンによるかぶれなどが原因となって色素沈着がのこってしまいます。

脇やデリケートゾーンなど、ちょっとはずかしい部分の悩みに効果があったものを厳選してみました。

脇の黒ずみだけでなくデリケートゾーンにもいちおしの美容液

 

Sweep White(スウィープホワイト)

Sweep White(スウィープホワイト)はわきの黒ずみ、くすみ対策に特化した美白美容液です。

多数のメディアや雑誌にとりあげられていたので試しに使ってみましたが、3ヶ月前に黒ずんでいた脇が全然目立たなくなりました。

去年の5月に購入しましたが、夏に水着を着た時に全然違和感がなく、あとになって黒ずみが薄くなっていることに気づきました。

やはり化粧水とは違い、美容液の成分の品質がよく効果が早めに出たんだと思います。

一番おすすめするポイントは美白成分が含まれながらも敏感肌やアトピー肌にやさしく、保湿ケアをしながらターンオーバーの乱れもケアしてくれ、さらに美白成分がすごいところです。

美白成分として医薬部外品のトラネキサム酸が配合されており、アルブチンを超える美肌成分の「ホワイテーヌ」やハイドロキノンと同様の効果をもつ「ビサボロール」が含まれています。

更に、メラニン色素の生成を抑える「アルピニアホワイト」肌の炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」が含まれています。

脇に効果があったので私はデリケートゾーンの黒ずみケアにも使用しています。

1滴でもすごく伸びがいいのでコスパ的にもよく、アトピーの私でも安心して使えるので黒ずみで悩んでる人には絶対におすすめしたい美容液です。

 

 

強力に短期間で消し去りたいならやっぱりハイドロキノンがおすすめ!

上記で紹介したものは肌にやさしい成分で作られており、肌の弱いアトピーや敏感肌向けのものでした。

しかし、アトピーが改善してきた方や、すぐに効果を発揮させたい方には強力な漂白成分と言われているハイドロキノンがオススメです!

ピンポイントなシミはもちろん、股やおしり、わきなどのシミにも強力に効果があります。

ただ、刺激があるので注意が必要です。

刺激が高いので、全体的にいきなり使うよりもピンポイントで使っていくなど肌状態をみながら試してみてください。

この記事のまとめ

  • 境界線がはっきりしたものをシミ、はっきりしないものを色素沈着と言う。
  • ターンオーバーを正常化させないと色素沈着がとれるまで時間がかかる。
  • メラニン色素が真皮にまで落ちてしまうと5~6年とれない。
  • 成長ホルモンを促すために質の良い睡眠をとることが大事。
  • ストレスをためず、飲酒や喫煙は控える
  • バランスのとれた食生活でターンオーバーに必要な栄養素を隅々までいきわたらせる
  • ピーリングは敏感肌へ導いてしまうので絶対にやめる
  • 適度な運動はターンオーバーを促進させてくれる。
  • 炎症をとりのぞいたあとは保湿ケアでアトピーを安定させるのがベスト

この記事をまとめると以上のようなものになります。

いやな色素沈着を防ぐには正しい知識が必要です。

薬にばかり頼らず、炎症がとれたら保湿ケアを十分にしてわたしのような寛解状態にしてください。

アトピーでも使える!おすすめ基礎化粧品人気ランキング


おすすめ基礎化粧品人気ランキングへのリンク


メディプラスゲルを実際に使ってみました!


-色素沈着やシミの悩み

Copyright© SUHADA , 2018 All Rights Reserved.