季節の変わり目にアトピーが悪化するのはなぜ?自分でできる対策!

更新日:

アトピー肌には季節性があるので注意!

アトピーは季節によって症状の変化があります。
季節によって悪化したことはありませんか?

アトピー性皮膚炎は季節と関係の深い悪化要因があります。

原因やケア方法も季節によってさまざまなので、四季ごとの悪化要因を知っておくことは大切です。

季節の変わり目だけ特にアトピーが悪化するのはなぜ?

私も季節の変わり目は一番悪化していました。

自分の体の事ですが、毎年の事なのにきちんと観察しておかないと変化に気づくことができません。

症状の出方を知ることでアトピー症状を抑える対策ができるので、知識をみにつけることが必要です。

1.気温の変化による肌荒れ

アレルギーでもなく、アトピーでもない普通の健康な肌の人も、気温の変化による肌へのストレスで肌荒れを招いてしまいます。

季節の変わり目は寒暖の差が激しく、自分でも気づかないうちにストレスが蓄積され、肌荒れや体調不良を起こします。

普通肌の人も、いつも使っていた化粧水が合わなくなりぴりぴりしたり、肌荒れが突然でるのはこの変化が原因となっている事が多いのです。

アトピー性皮膚炎の人は、普通の人よりも著しく症状が現れるので特に気を付けなければなりません。

2.生活環境の変化によるストレス

引越しや転勤、転職など季節によってかかわる環境の変化によるストレスも悪化の原因となっています。

ストレスがたまるとストレスホルモンである「コルチゾール」というホルモンが脳から分泌されます。

「コルチゾール」は肌荒れを招いたり、免疫力を低下させたりします。

免疫力が低下すると新陳代謝は活発になるのに、古い細胞を処理する能力がないため肌荒れを起こしてしまいます。

それだけではなく、メラニンや皮脂の過剰分泌も招いてしまうのです。

3.花粉・紫外線などの外部環境の変化

春は一年の中で最もアレルギー症状がでやすい時期です。

花粉はもちろんのこと、中国からやってくる黄砂もアレルギーの原因となるので注意が必要です。

春は紫外線の量もどんどん増えていく季節です。

紫外線を浴びると、肌の内部に隙間ができ、そこから水分が蒸発してしまいます。

蒸発した状態の肌はものすごく乾燥しているので、そこに花粉などの刺激物がはいるとアレルギーやアトピーの悪化の要因になります。

四季ごとの原因について詳しく調べてみたのでぜひ参考にしてみてください。

春のアトピーは花粉による肌荒れに注意


春に一番気を付けたい原因物質は「花粉」。

花粉症はご存じかと思いますが、くしゃみや鼻水だけが症状ではありません。

わたしもここ最近になって気づきましたが、「花粉症皮膚炎」という症状があります。

普段アトピーだとなかなか気づきにくいかとおもいますが、春の時期に肌荒れが悪化するのはこの「花粉症皮膚炎」のせいかもしれません。

春(3月・4月・5月)のアトピー悪化要因

寒い冬が終わり、温かく過ごしやすい季節になりますが、それと同時にさまざまなアレルギー物質も飛来してきます。

花粉はもちろんのこと、中国から飛んでくる黄砂、増加してくる紫外線など。

お肌にとってストレスがおおい時期です。

また学校や職場での環境の変化などもありますので、ストレスからの肌荒れを招く原因になります。

この時期にケアを怠ってしまうと、夏の過酷な紫外線に耐えれず肌荒れを引きずってしまいます。

春のアトピー対策について

春はあまりお肌を露出せず、花粉への対策をすることが必要です。

紫外線も冬の3倍に増加しますので、紫外線対策も行いましょう。

環境の変化によるストレスは、規則正しい生活を送ることや、家でリラックスする時間をとり、ストレスを軽減させましょう。

春のスキンケアは人によって症状が違ってくるので、お肌の症状によって選ぶことが大切です。

乾燥で悩むなら保湿対策を。肌荒れが著しい場合は敏感肌対策化粧水などで保湿を。

肌質別で選ぶ保湿対策もさまざまなので自分にあった化粧品を見極めることが大切です。

参考記事:肌質別おすすめアトピー化粧品!

夏のアトピーは紫外線による肌荒れに特に注意


一年の中で一番紫外線が多い季節は夏。

紫外線が蓄積することにより、肌の内部に隙間ができ乾燥してしまいます。

肌にもダメージを与えるので日焼け対策を行いたいところですが、アトピー性皮膚炎は日焼け止めも刺激になってしまいます。

日焼け止めを塗ることで乾燥が進み、かゆみがましてくるので肌にやさしい日焼け止めを塗るなどの対策が必要になります。

夏(6月・7月・8月)のアトピー悪化要因

夏は汗や紫外線が刺激になり、アトピーが悪化する季節です。

また、エアコンによる乾燥でも悪化を招いてしまいます。

一念で最も紫外線による肌ダメージが強く、ダメージをうけている肌に汗が触れると刺激となりかゆみが増してきます。

エアコンの効いた部屋から外出する時には気温の差が激しく、肌ストレスを受けてしまうのがこの時期です。

免疫力の低下もアトピー悪化の要因になっていますので、体調をくずさないように食生活などにも気を付けましょう。

夏のアトピー対策について

夏は汗が刺激になるので汗対策が必要になります。

こまめに汗を拭きとるか、シャワーを浴びて保湿するなどの対策でかゆみは軽減されます。

エアコンは28度程度に設定し、気温の差がはげしくならないように調節しましょう。

夏もエアコンによる乾燥があるので、湿度を調節したり保湿ケアを行って下さい。

紫外線対策も重要ですが、日焼け止めクリームによる肌の乾燥やトラブルなどもあるので注意が必要です。

十分な保湿ケアを行ったあとに塗るか、最近ではUVカット仕様のカーディガンなどが購入できるのでそちらで対応するのがおすすめです。

夏も自分の肌状態を十分に観察し、お肌にあった保湿ケアが必要になります。

参考記事:肌質別おすすめアトピー化粧品!

秋のアトピーは乾燥による肌荒れに注意


秋は夏の暑さから一変、寒くなり始める季節です。

暑い日や寒い日など温度変化もあり、湿度も低下している時期なので肌ストレスが大きくなります。

学生は運動会などの時期でもあり、まだまだ汗をかく季節です。

汗対策や乾燥対策が必要な季節になります。

秋(9月・10月)のアトピー悪化要因

秋は乾燥の時期でもありますが、キク科の植物であるブタクサやヨモギなどの花粉もありアレルギー症状が出やすくなります。

また、夏の間に大量発生したダニが死滅し、死骸が大量に増えることによるアレルギーなどもあります。

ハウスダストもアトピーを悪化させる原因といわれているので注意が必要です。

秋のアトピー対策について

秋は夏の紫外線を浴びた肌のケアが必要になります。

アトピーの症状が軽い状態なら美白ケアと保湿ケアができる化粧品がおすすめです。

夏にメラニンが増えているのでケアを怠ると、くすみや黒ずみの原因となってしまいます。

この時期から乾燥もしていきますので、保湿ケアをして冬に備えましょう。

乾燥する秋からの保湿ケアが十分にできないと、冬の肌荒れにつながってしまいます。

一度乾燥肌がひどくなるとなかなか治りづらいのがアトピー性皮膚炎の特徴なので自分にあった保湿対策が必要です。

参考記事:肌質別おすすめアトピー化粧品!

冬のアトピーは特に悪化する!乾燥による肌荒れに注意


一年で一番乾燥する時期が冬。

アトピー性皮膚炎の悪化の一番の原因は乾燥です。

アトピー性皮膚炎の場合、年中乾燥肌なのですが、特にこの時期は乾燥がひどくなります。

特に乾燥する季節なので、入念な保湿ケアは必須になります。

冬(11月・12月・1月・2月)のアトピー悪化要因

一番乾燥する時期なので、乾燥による肌の抵抗力がなくなっています。

そこにアレルギー物質が侵入すると、アトピーの悪化を招いてしまいます。

また、冬などに着るニットがアトピーを悪化させる原因にも。

アトピー性皮膚炎には綿が一番いいといわれていますが、寒い冬になると合成繊維の着用はさけれません。

同じ繊維でも合う、合わないがありますので十分に観察し、合わない繊維の服はできるだけ避ける方が無難です。

冬のアトピー対策について

この時期は乾燥による肌のトラブルが多くなります。

普通肌の人も乾燥によるトラブルがある時期なので、アトピー性皮膚炎の方は特に注意したければなりません。

体中が乾燥する時期なので全身の保湿ケアで悪化を防ぐことが大切です。

お風呂あがりはすぐに水分が蒸発し、乾燥を招いてしまいますので浴室内での保湿ケアがおすすめです。

この時期はたっぷり使える保湿化粧水がおすすめです。

全身を保湿することによりかゆみなどを防ぐことができるので、自分にあった保湿ケアで乾燥を防ぎましょう。

参考記事:アトピーでも使える!おすすめ保湿化粧品ランキング

この記事のまとめ

季節ごとにでる症状がさまざまなので、季節にあった化粧品選びがとても重要です。

薬にたよることなく保湿ケアをすることで、アトピーの悪化を防いでくれます。

四季ごとの変化にも注意し、どんな症状がでているのか観察することがアトピーを治す第一歩です。

わたしは30代になってからブタクサのアレルギーや花粉症の症状がでました。

くしゃみや鼻水などはでず、肌トラブルが発生しました。

しかし、四季ごとでどんな体の変化があるのか観察し、その都度自分に合う化粧品を使うことによって症状が軽減されています。

アトピーを治す第一歩なので一緒にがんばりましょう。

アトピーでも使える!おすすめ基礎化粧品人気ランキング


おすすめ基礎化粧品人気ランキングへのリンク


メディプラスゲルを実際に使ってみました!


-アトピーケア

Copyright© SUHADA , 2018 All Rights Reserved.