元アトピー患者の化粧品レビューサイト

SUHADA

アトピーは完治する方法はあるのか徹底的に調べました

更新日:

原因不明なアトピー性皮膚炎。

ゴールを決めて希望を持たなければ薬に頼ってしまってなかなか抜け出すことができません。

そもそも完治する方法はあるのでしょうか?

そこで完治する方法はあるのかを徹底的に調べて見ました。

そもそもアトピーが完治することはありえるの?

そもそもアトピー性皮膚炎は完治することはありえるのでしょうか?

日本皮膚科学会ガイドラインの「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版」によると

アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり,現在,疾患そのものを完治させうる治療法はない。

しかし,病変部では,皮膚の炎症による皮膚バリア機能のさらなる低下や被刺激性の亢進,搔破
の刺激などによって,湿疹がますます悪化する悪循環が生じうるため,薬物療法で炎症を制御することは,アトピー性皮膚炎の悪化因子を減らすことにもなる。(P127)

と記載されていました。

つまり、アトピーの根治治療になる薬はなく、薬物療法で炎症を制御するしか方法はないという見解です。

アトピーを完治させる薬はない


先ほどの「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版」に記載されていた通り、完治させる薬はまだないので現在あるステロイドなどの薬物療法で炎症を制御するしか治療方法はありません。

アトピー性皮膚炎は,一般に慢性に経過するが,適 切な治療によって症状がコントロールされた状態が長 く維持されると,寛解も期待される疾患である。(P122)

こう記されているように、適切な方法を行い、症状をコントロールさせるのがアトピーのゴールであると考えます。

私は症状がほとんど出なくなったので寛解状態です。

しかし、過度なストレスや季節の変わり目などに不摂生すると症状が出てしまいます。

現在では年に1度皮膚科にかかるかどうかという程度ですが、私は日常生活にはほぼ支障がないので寛解状態にあると思っています。

現時点での完治の薬はありませんが、アトピーに対する研究は日々行われており、少しずつ希望がもてるようになってきました。

2017年初旬に九州大学の研究チームが、イギリスの電子版の科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで「アトピー性皮膚炎のかゆみのメカニズムを発見した」と発表しました。

この発見で、アトピーのかゆみを根本から絶つ薬の開発に繋がるかもしれないと期待されています。

マウスを使っての実験だけではなく、アトピー患者の細胞でも確認されたことから、そう遠くない未来には手に入るようになるかもしれません。

とはいえ、まだ開発状態にあるのでしばらくは現状維持になります。

日常生活に支障のない状態にコントロールし、寛解状態を目指しましょう。

アトピーが発症する原因とは

アトピー性皮膚炎の原因は未だに解明されていませんが、多様な要因がいくつも重なって起こると考えられています。

原因や症状は個々によって異なっており、症状を悪化させる要因も人それぞれ異なっているのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

遺伝的要因やアレルギー体質

本人または家族がアレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、喘息や結膜炎など)を持っていることや

アレルギーと関係のある免疫物質のIgE抗体を作りやすい体質であることなどもアトピーの原因ではないかと言われています。

厚生労働科学研究による「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2005」によると、

アトピー性皮膚炎は個人の素因にいろいろな環境因子が合わさって発症すると考えられている。その発症に関わる素因は遺伝する傾向がみられる。

例えば、両親に本症の既往がある場合は75%、両親のどちらかに既往がある場合は56%、同胞に既往がある場合は49%、家族に既往が全くみられない場合は21%の確率で子供が発症する可能性があることが推測されるとの調査報告がみられる。

とあります。

つまり、遺伝的要因も大きいけれどまったく既往がみられない場合でも21%という結構高い数値で発症する可能性があるということです。

このことからも、やはり一概に遺伝のせいだとは言えないのだとおもいます。

食生活の変化

アトピーは戦後の高度経済成長期の中、患者数が増えていきました。

戦前はほとんど話題にもならなかったことから少なかったものと考えます。

日本でアトピー性皮膚炎患者が増えたのは食生活の変化が影響しているのではないかと思われています。

戦前の日本食でいうと、油を多くつかった揚げ物などより、焼く・蒸す・茹でるといった調理法が多かったと思います。

それに和食中心であり、現代では食の欧米化が進んでいます。

お菓子も現代のようなものではありませんでしたし、マヨネーズやドレッシングなど、比較的リノール酸を多く取り入れるようになりました。

リノール酸をとりすぎるとガンや動脈硬化、心不全、免疫性疾患、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こすといわれています。

現代の日本人はリノール酸を過剰に摂取していることから、最近ではリノール酸を取り入れない様にしようという動きが活発になりました。

これも断定的に原因だとは言えませんが、悪化の一因になっていることは確かです。

環境の変化

アトピー性皮膚炎によるかゆみのせいで体をかきむしってしまうことを「掻破行動(そうはこうどう)」といいます。

掻破行動は人間関係や仕事などのストレスにも大きく関係しています。

アトピー性皮膚炎の患者はイライラするとストレス発散の為に無意識にかきむしっている事があります。

こういった症状がある場合は症状を改善させるためにもストレスを除去することが大切です。

また、アトピー性皮膚炎により夜に眠る事ができず、うつ状態を併発することがあります。

なかなか寝付けない日々が続いたり、朝すぐ目が覚めてしまうなど心あたりがある人はうつ状態を伴っている可能性もあります。

良質な睡眠をとるための抗ヒスタミン剤などの対策法もありますので一度かかりつけ医に相談してみてください。

物理的な刺激や化学物質

冬にセーターをきていて胸元などが赤くなった経験ありませんか?

アトピーの人はどこのお医者さんにかかっても必ず「綿」を着るようにといわれますが、寒さが厳しい冬だと綿100%はむずかしいものがあります。

わたしはアクリル繊維のセーターを着るとよくかぶれていますが、同じアクリル繊維でもかぶれないものもあります。

化学繊維だから100%かぶれるのかというとそうではないようです。

合うか合わないかは実際着てみないとわからないのですが、たいてい試着すると肌にふれた部分がチクチクしています。

このチクチクが肌に合わないというサインなのではないかと最近気づきました。

肌着などは直接肌に触れる面積が広いため綿100%をおすすめしますが、セーターなどの化学繊維のものを購入するときは肌に当ててよく観察するのがおすすめです。

 

身近な化学物質といえば、食器洗いなどの界面活性剤や洗濯する時に使用する洗剤の成分である蛍光剤や柔軟剤など

意外と普段使っているものに化学物質はあふれています。

私は食器を洗う際に洗剤にかぶれ、指が裂けたり、指の間に細かい水泡がたくさんできたことがありました。

とくに冬場はあたたかいお湯で食器を洗うと手のあれはひどく、薬を塗ってもなかなかなおりませんでした。

界面活性剤はすくなければいいとは考えていません。

一時期界面活性剤が少ない洗剤を購入していましたがそうすると油よごれが落ちない為、普段よりも大量に洗剤を使うことになって逆に悪化しました。

今は1滴で泡立つ洗剤のジョイを使用しています。

一時期ゴム手袋もつけたことがありましたが、ゴムにもかぶれたので使用をやめました。

毛穴から界面活性剤が入り込むと、極度に手が乾燥します。

寒い冬はできるだけひと肌くらいのお湯かげんにし、短時間で洗えるような工夫をするだけでもだいぶ改善します。

もちろんあらったあとの保湿ケアは大切です。

アトピー完治への道ではなく目標を寛解に定める

上記でも説明したように、アトピーには完治が存在しません。

これから治すためにも明確な目標を定めることはとても大切なことです。

アトピー経験者の私がゴールに定めたのは「寛解」でした

日常生活が普通におくれるくらいコントロールできている寛解状態が現在の目標になります。

今後新薬が開発されているので希望はもてますが、まだ完全に治す薬は存在しません。

100%完治することはできませんが、普通の肌の人と同じように日常生活をおくることは可能です。

わたしも一時期大変悩み苦しみましたが、今では寛解状態を維持できています。

女性にとっては普通の化粧品が使えて、普通に化粧ができて鏡をみるのが辛くない。

そんな生活が普通なのではないかなと思います。

アトピーで荒れた肌だと化粧ものらず、はたから見ても浮いているのがわかるくらいです。

それに頬がかゆくて赤くなったり、人の視線が気になるなど、ストレスになるような生活ではないことが寛解なのだと思います。

敏感肌用の化粧品は肌には優しいですが、女優さんが使っているような流行の化粧品などに憧れますよね。

わたしも流行の口紅やファンデーションなどを楽しみたくてもつけれない時期がありました。

今は基礎化粧品さえちゃんとしていればまったくかぶれたりしなくなりました。

流行の化粧も楽しめるようになった今の寛解状態こそがゴールなのだとおもいます。

完治した(治った)人の嘘と完治しないという誤解

よくネット上にアトピーは完治した(治った)とか、脱ステロイドのおかげで完治したなどの色々な情報が転がっています。

しかし、説明したようにアトピー性皮膚炎はまだ完治する薬や方法はなく、寛解状態=完治という認識です。

新薬も開発が進んでいますので、そう遠くない未来では完治するのかもしれません。

今は安定した肌をコントロールさせている寛解状態こそが完治なのです。

「これをつけたから完治した」「これを塗ったから完治した」「これを食べたから完治した」という情報は信ぴょう性がありません。

そういうことが解明されていれば、もっと医学は進歩し、アトピー治療薬もできていたはずです。

しかし、どこにもそのような医学的証明がなされた文献は存在しません。

肌のバリア機能が失われているからそのバリア機能を補ってあげて回復をサポートしたり、アレルゲンを取り入れない工夫をして症状を抑えるのが正しい対処法です。

先程も話したように、新薬も開発されているのでまったく完治しない病気ではなくなるかもしれませんが現状では無いという事です。

私のアトピーが完治(寛解)するまでの体験談

幼少期からアトピー性皮膚炎がひどく、年中かゆみと乾燥に悩まされていました。

20歳になるとピークを迎え、顔面の赤みや、身体中の湿疹がひどくかゆみで眠れないことも多かったです。

しかし、いい病院にいけばきっと治ると信じていたのでいくつも病院を変え、その度にステロイド外用剤を処方してもらって身体中に塗っていました。

気づけば自分の乾燥を抑える保湿剤の代わりのように薬を全身に塗っていたと思います。

その為、副作用もひどくアトピーは悪化。

悪化するからまた違う病院を探すという悪循環に陥っていました。

しかし、薬ではどうしても誤魔化せなくなったのが顔の保湿です。顔は毎日化粧をするので薬ではファンデーションが浮いてしまいます。

そこで、化粧水を探すことになったのですが薬局に売ってある化粧水のほとんどを試したものの肌に合わず、顔が真っ赤に腫れ上がったりして逆効果になり諦めていました。

そんな中、自分に合う化粧品が見つかり最初は薬と併用していましたが徐々に薬をつかわなくなり、最初に顔から改善されていきました。

保湿すると改善するということがわかったので化粧水をスプレーボトルに入れ替えて体にも使って保湿ケアをするようになったところ、かゆみも治りほとんど薬に頼らなくなりました。

乾燥すると皮膚がめくりあがり、炎症の原因になる物質が外部から侵入してきます。

保湿によって安定させることで外部刺激がなくなり、わたしの肌は改善していきました。

薬に依存していた頃はとても信じられませんでしたが、自分にあった化粧水で保湿して肌を安定させる事はアトピーを完治(寛解)へ導く一歩となります。

完治させる為の正しい知識を身につける

アトピーを完治(寛解状態)へ導く為には正しい知識が必要です。

日常生活に困ることがなくなれば、アトピーは嫌な病気ではなくなります。

正しい知識を身に着け、早くいい肌の状態にコントロールすることが大切です。

ステロイド軟膏は対処療法であると理解する

一番最初に誤解することが、ステロイド軟膏をぬればアトピーが治ると思っているという事。

ステロイド軟膏は症状が出ている部分を改善させるためのお薬で、対処療法です。

根治治療ができるお薬ではないのでアトピーは一度治っても正しいケアを行っていなければいつでも再発します。

ステロイドで一時的によくなりますが、さまざまな副作用もかねています。

かといってまったく使わずにいきなり肌のバリアが崩壊し、炎症した肌に保湿剤を塗っても成分が吸収されないばかりか、逆に悪化してしまいます。

短期間で正しく使えば怖くない薬です。

正しい知識を身につけて、短期間のみの使用とし、その後の保湿ケアでお肌の状態をコントロールしましょう。

 

アトピー症状が出てからの保湿ケアでは遅い

日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版」によると

皮膚の乾燥はアトピー性皮膚炎の主症状の一つであり、表皮のバリア機能の破綻の原因の一つである。

保湿剤の外用が、乾燥症状の軽減とバリア機能の改善に効果的であることは、多くの基礎研究や臨床研究によって示されている。

特に、治療によって皮膚炎が寛解した後に保湿剤の外用を継続することは、皮膚炎の再燃を予防し、かゆみも軽減した状態が保たれる(P147)

と記載されています。

やはり、わたしが行っていた保湿ケアが寛解へと導いてくれたというのは医学的にも立証されている事でした。

私は症状が悪化しているときに考え方を改め、ステロイド軟膏で炎症などを落ち着かせてから徹底的な保湿ケアを行いました。

その後すぐに効果がでて、現在ではステロイド無しの生活を送っています。

アトピー性皮膚炎の肌は角層の水分含有量が低下して皮膚が乾燥し、常に皮膚バリア機能の低下をきたしているような状態です。

症状がでてからの保湿ケアでは遅いのです。

普通の肌の人と違って、症状が出る前から乾燥状態なので、アレルゲンが侵入する前の保湿ケアがとても大切です。

毎日の食事を見直すことが完治への一歩!

アトピーは食生活とも大きく関わっています。

人それぞれどの食べ物に反応するかはわかりませんが、基本的にカレーなどの香辛料が入ったものはかゆみが増すので控えるようにとよく耳にします。

アレルギーを誘発させる食べ物というのは存在しているので、それらを口にしない工夫も大切です。

わたしは食事制限を強く行ってはいませんが、やはりカレーをたべると体がかゆくなったりします。

できるだけ食材を購入する時はアトピーにいい食べ物や悪い食べ物をあたまに入れながら購入しています。

極度な食事制限は必要ないと考えますが、やはり知識は持っていた方がいいと思います。

参考記事:【アトピーを改善させる食事方法】アトピーにいい食べ物はこれ!

参考記事:アトピーに悪い食べ物を避けて悪化を防ぐ

生活環境を整える事でアトピーの発症を防ぐ

進学や就職など、環境の変化でストレスを受けることは多くあります。

ストレスが発散できずにいると、睡眠の質が悪くなりアトピーも悪化してしまいます。

良質な睡眠をとるということは肌の再生にもつながりますのでできるだけストレスがたまらないような工夫も必要です。

深い睡眠時に分泌される成長ホルモンには、肌の傷を修復してくれる働きがあります。

成長ホルモンは眠り初めてから3時間の間の深い眠りの時にたくさん作り出される事が最近の研究でわかっています。

就寝2時間前に食事を済ませ、スマホなどの使用は控えて質の良い睡眠がとれるように心がけることも大切です。

まとめ

  • アトピーは完治はできないが寛解させることができる。
  • 現状は寛解=完治になっている。
  • 新薬の開発がすすめられているので将来的には希望がもてる。
  • アトピーは一概に遺伝するとはいえない
  • 食生活の変化なども原因となっている
  • ストレスはアトピーを発症させる原因になる
  • 物理的な刺激や化学物質も発症の原因になりうる
  • まず目標を寛解に定めて的確なケアをするのが必要
  • ネットでの嘘に騙されない事
  • 完治(寛解)させるためには病気を正しく理解することが必要

まとめると以上のようなものになります。

「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」にも記載されている通り、治す鍵となるのは保湿ケアになります。

アトピーを完治させるような魔法の薬があれば世界的にも話題となるでしょう。

しかし、現在は完治させる薬などは存在しません。

でもわたしのように保湿ケアを行うだけで完治(寛解状態)になった人も数多くいらっしゃいます。

希望を捨てずにまずは保湿ケアをおこなって今より肌をいい状態にもっていこうという努力も大切です。

アトピーでも使える!おすすめ基礎化粧品人気ランキング


おすすめ基礎化粧品人気ランキングへのリンク


メディプラスゲルを実際に使ってみました!


-アトピーケア

Copyright© SUHADA , 2018 All Rights Reserved.