元アトピー患者の化粧品レビューサイト

SUHADA

アトピーの治療薬(ステロイド外用剤)の副作用とは

更新日:

よく耳にする民間療法で、「脱ステロイド」というものがありますが、急激にステロイド剤をやめたとしても寛解するわけではありません。

むしろアトピーが悪化してしまい、取り返しのつかない事になるので絶対にやめてください。

「脱ステロイド」には医学的根拠はありません。

しかし、ステロイド剤には副作用が必ずあります。

正しい知識を身に着けて、徐々にステロイド剤を使う量を減らしていくことが必要です。

アトピー性皮膚炎だからといって症状がない皮膚にもすべて塗る必要はありません。むしろ避けるべきです。

徐々にステロイド剤を塗る部分を減らしていき、薬に頼らない保湿ケアへ移行しましょう。

ステロイドとは

腎臓の上端の方にある副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1つで、元々わたしたちの体の中で作られています。

薬として使用すると体の炎症を抑えたり、免疫力を抑制したりする作用があり、色々な病気の治療に使われています。

ステロイド外用剤にはどんな効果があるの?

ステロイド外用剤の主な効果は抗炎症作用と免疫抑制作用です。

炎症を活性化させる物質をブロックしたり、症状を重くさせる白血球の働きを抑制させる効果があります。

アトピーや花粉症、ぜんそくは免疫のシステムに異常が起きた状態です。

通常の人が異物として認識しない、ほこりや花粉などの物質に過剰に反応してしまいます。

ステロイド外用剤は免疫にかかわるリンパ球の反応を抑えたりします。

アトピー以外でステロイドが使用される主な用途

ステロイド外用剤はアトピーだけでなく、さまざまな用途で使用されています。

以下、主な用途をリスト化してみました。

・急性副腎不全
・アナフィラキシーショック
・リウマチ熱
・気管支喘息
・ネフローゼ症候群
・潰瘍性大腸炎
・自己免疫性溶血性貧血
・ギランバレー症候群

などです。一般的な治療では治りにくいたくさんの病気に使用されています。

ステロイド外用剤に強さのランクがあるってしってましたか?

ステロイド外用剤にはランクがつけられています。

最も強いランクのものは、それだけ副作用も重くなります。

病院からもらっている薬のランクがどれなのか、きちんと理解しておく必要があります。

 

  • ストロンゲスト(最強)
  • ベリーストロング(非常に強い)
  • ストロング(強い)
  • ミディアム(中間)
  • ウィーク(弱)

 

以上の5段階にわかれています。

ステロイド外用剤の種類とランク別リスト

ストロンゲスト デルモベート、ジフラール、ダイアコート
ベリーストロング フルメタ、アンテベート、トプシム、リンデロンDP、マイザー、ビスダーム、テクスメテン、ネリゾナ、パンデル
ストロング エクラー、メサデルム、ボアラ、ザルックス、アドコルチン、ベトネベート、リンデロンV、フルコート
ミディアム リドメックス、レダコート、アルメタ、キンダベート、ロコイド、グリメサゾン、オイラゾン
ウィーク プレドニゾロン

どのランクのステロイド剤をどれだけの期間塗っているのか知る事も寛解への近道です。

お医者さんにいわれるがままに塗っていては、薬に頼ることから抜け出すことができません。

わたしはストロンゲストのデルモベートを使用していました。

しかし、悪化したときにのみ使用し、症状が落ち着いてからは肌に合った化粧品で保湿することでステロイド剤を使う頻度を少なくし、徐々に使わなくてもいい状態にまで持っていくことができました。

塗る場所も赤みやかゆみがひどい部分だけの限定。

その他の皮膚にはよけいなステロイド剤は使用しません。

すべての皮膚があっかしているわけではないと思いますのでそのへんは上手に見極めながら使用する必要があります。

それと、大切な事ですが現在症状がでていない部分にも保湿する必要があります。

今後悪化するのを防ぐためです。

その点には注意しながらステロイド剤もうまく併用しつつ寛解へともっていきましょう。

ステロイド外用剤の意外な副作用とは

ガサガサと赤みをおびた炎症の強い湿疹では、ステロイド外用剤は必須の薬となっています。

非常に注意すべき副作用は以下の2つです。

皮膚の菲薄化・毛細血管拡張による紅斑

適切な強さや量、期間で使用する分には問題ありませんが、必要以上に強いステロイド外用剤を長期間使用すると、皮膚細胞の増殖が抑制され、皮膚が薄くなってきます。

また、皮膚が薄くなることによって毛細血管が浮き上がってみえるようになります。

薄くなった皮膚に毛細血管が拡張すると皮膚の表面が赤くなる症状が現れます。

これを紅斑といい、この赤みを放っておくと皮膚のバリア機能が下がりかゆみや炎症だけでなく、他の症状も併発しやすくなります。

とくに顔面では頬部に症状が現れることが多く、これらの副作用が生じていないかチェックする必要があります。

にきび、ヘルペス、カンジダなどの感染症にかかる恐れがある

ステロイド外用剤は、アレルギー症状を抑える効果がありますがそれと同時に皮膚表面の免疫の働きも抑制してしまいます。

顔面には皮脂腺が多く、毛穴が可能しやすいタイプの方もいるのでステロイド剤によってニキビが大量に発生してしまうこともあります。

また、ヘルペスやカンジタなどにステロイド外用剤を使用すると、免疫が抑制されるため症状が悪化してしまう可能性があります。

顔の副作用には特に注意!悪化する前に頭に入れておきたいこと

通常、体にステロイド外用剤を使用してリバウンドはおこりません。

しかし、顔面ではステロイド外用剤が合わない人が多くおり、ステロイド使用中に悪化したり、ステロイドをさらに悪化したりする症状が現れることがあります。

わたしもこのタイプで、顔面には弱いステロイド外用剤を使用していましたが、だんだん薬が効かなくなり、ステロイド外用剤のランクがあがってもどんどん悪化していきました。

長期使っていても一向に治ることがなく、顔は腫れ、薬の副作用から真っ赤になるようになりました。

この症状は医学的にみると「酒さ様皮膚炎」とよばれるものですが、はっきりとした原因はわかっていないとされています。

しかし、わたしの体験からいうとこの症状がでるとステロイド剤を長期間塗り続けても決して治ることはありません。

そこでわたしがであった薬が「プロトピック軟膏」です。

この薬に出会ったおかげでみるみる赤みがとれていきました。

プロトピック軟膏はアトピーが治る魔法の薬?

私の顔面アトピーを劇的によくさせたのがプロトピック軟膏です。

これは筑波山麓に生えているカビから発見された成分で、免疫抑制剤の一種です。

外用剤のランクとしてはstrongクラス~mildクラスの中間ぐらいとされています。

この薬の最大の特徴は、分子量がステロイド外用剤と比べて大きい為、湿疹などの症状があらわれている部分からは吸収されますが、正常な皮膚からはほとんど吸収されないというところです。

すなわち、皮膚菲薄化と毛細血管拡張が起こらないことがメリットになります。

正常な皮膚は傷つけないで、アレルギー病変の部分のみに作用するので治療効果が得られやすい薬です。

しかしプロトピック軟膏にも以下のような副作用があります。

1.にきびや吹き出物ができやすい

ステロイド外用剤と同じく、プロトピック軟膏も免疫を抑えてしまうため、にきびやヘルペスなどの感染に弱くなっています。

わたしもプロトピック軟膏に出会ってから初めて口唇ヘルペスにかかりました。

それまで一度もできたことがなかったのですが、顔に塗ったあと口周りがむずむすし、その手で触った後、目元も触ってしまったので、目の周りにも口の周りにも水泡ができて大変でした。

にきびもできにくいタイプでしたが、この薬をぬると初めて化膿するほどの大きなにきびができました。

やはり皮膚表面の免疫が低下してしまうため、気を付けて生活していても感染してしまいます。

2.ガン・リンパ腫の発生報告例がある。

わたしは病院で一度説明をうけましたが、マウス実験でがんやリンパ腫の発生報告例があるということです。

しかし、マウスなどの小動物の実験ですので、体重あたりの投与量が多くなり、血中濃度が極端に上がるため、ヒトでのリスクはほぼないといわれています。

とくに皮膚科医から言われたことが、紫外線との相性がよくないため(皮膚がんなどのリスクを減らすため)、プロトピック軟膏使用中はスポーツなどで日光を長く浴びたりなどを控えたほうが安心とのことです。

日常生活では問題ないとはいわれていますが、古くからある薬でもない為気を付けるべきだと考えています。

プロトピック軟膏の特徴

顔の症状にはとても有効である薬ですが、極端に症状がひどい場合は刺激が強いので一旦ステロイド剤で症状を落ち着かせてから使用するのが望ましいです。

症状がでている部分に使用すると、最初の1~2週間は皮膚がぴりぴりしてむずがゆくなります。

しばらく塗り続けていると正常な皮膚になることでプロトピック軟膏は吸収しなくなりますので、症状を観察しながらできるだけ短期間で使用することをおすすめします。

その後、一旦症状が落ち着いてから自分に合った化粧品で保湿ケアをすることが大切です。

わたしも最終的に顔に使ったお薬はプロトピック軟膏でした。

アトピー肌に合わない化粧品を使うとまた薬を使用しなければならなくなるので、自分にあった保湿ケアをみつけて保湿しながら寛解状態へ導きましょう。

この記事のまとめ

大人アトピーの方が一番悩む顔の副作用を重点的にしらべてみました。

  • ステロイド外用剤はランク付けされている
  • ランクの強いステロイド外用剤は副作用も強い
  • 顔は副作用が強く出やすい
  • プロトピック軟膏は効果的だが、副作用もある

以上がこの記事のまとめになります。

やはり薬には副作用があるので、長期間使用したり、依存しないようにしなければなりません。

アトピー性皮膚炎にとって保湿ケアをすることは、寛解状態へ導く第一歩となるので正しい保湿ケアが必要です。

自分にあった保湿ケアをすることで、肌の乾燥を防ぎ、薬の使用頻度が少なくなってきます。

そこがアトピーを治すポイントになります。

 

アトピーでも使える!おすすめ基礎化粧品人気ランキング


おすすめ基礎化粧品人気ランキングへのリンク


メディプラスゲルを実際に使ってみました!


-アトピーケア

Copyright© SUHADA , 2018 All Rights Reserved.